若手社員と企業の幹部とで生じるギャップ 「働くモチベーション」の違い

未分類

ボーナスの季節がやってきましたね。

幸いなことに私はボーナスをいただけました。

また、会社の上半期の業績が良かったらしく、35歳以下の社員全員に「プラス3万円」が支給されることになりました。

ボーナスが支払われない企業も多い中で、ボーナスにプラスして3万円を支給していただけるのは大変有難いことだと思っています。

若者が会社に定着しない時代

この、会社からの「プラス3万円」というものは、うちの会社ではなかなか頑張った額ですのでそれなりの意図があります。

それは“若者の定着を図る”ことです。

最近は“働き方改革”や“終身雇用の崩壊”をうけて、「1つの仕事に固執することが逆に危ない」といったことを聞く機会が増えてきました。

それに“ブラック企業“などという言葉も当たり前のように使われており、ネットで様々な事例を見ながら

「うちの会社もブラック企業じゃない?」

などと他の会社との比較が容易になったことも、若者が「転職」という道を選択する理由になってきていると思います。

“営業マン”のモチベーションのサイクル

会社としては若手社員の「転職」を防止するため、「お金」を支給するという選択をしましたが、それは大いに間違っていると思います。

うちの会社は基本的には大多数の社員が「営業マン」です。

「営業マン」といえば、“個々の頑張りが給料に反映される”という点がおもしろいところで、時にはストレスを感じながらも

「みんなよりひとつ飛び抜けよう!」

という“ゲーム感覚”で取組める楽しさがあります。

そしてその頑張りが給料やボーナスに反映されることによって、自分の存在価値や、会社に与えた貢献度を認識することが出来ます。

こうして「次も頑張ろう!」というモチベーションにつながってくるわけです。

若手社員が求めているのは“お金”ではない

35歳以下の若手社員全員に「プラス3万円」が支給されたことで、いったいどんなモチベーションが生まれたでしょう?

自分もそうですが、周りの後輩にも意見を聞いてみましたが

「まったく嬉しくない」

という声が大多数です。

単純にお金をいただけることは“有難い”ことですが、自分の頑張りに比例していない“お金”にはあまり価値が無いのです。

「みんなが均等にもらえるものを自分も貰えた」

という認識にしかならないため、「よし!明日からも頑張ろう!」というモチベーションを生む起爆剤にはなり得ません。

若手社員のつなぎとめを図るうえで、有効に作用してないのです。

では、どうしたら若手社員をつなぎとめることが出来るのでしょうか?

それは「認めてあげる」ということです。

「お金」で相手を繋ぎ止めるのではなく、相手を「認めてあげる」。

これだけでいいのです。

お金に困っていない世代

今の新入社員から30代ぐらいまでの世代は、「お金に困る」という経験が、上の世代に比べると圧倒的に少ないと思います。

「お金がなくて昨日は夕飯食べれなかった」

みたいな話はあまり聞きませんし、あったとしてもかなりの少数派だと思います。

ですので、「お金」をもらうことよりも「人として認めてもらう」ことであったり、「自分を心底必要としてもらえる」ということの方が、はるかに価値が高いのです。

「お金」の時代から「心」「やりがい」の時代に変わっていることに、企業の幹部がいち早く気付くことが出来なければ、若手社員の「転職」という流れを食い止めることは出来ないでしょう。

良かれと思って社員に支払った「お金」によって、会社と社員との心の距離を遠くしてしまうことになり得るのです。

まとめ

今後はどんどん「転職」が当たり前の時代になってくるのは確実でしょう。

上記した通り、「認めてあげる」ことを実践したとしても「転職」の流れは止められないと思います。

ですので企業が出来ることは、「魅力的な会社になる努力をし続ける」ことが重要になってくるでしょう。

私も転職なり副業なり起業なり、何かしら常に新しいことに挑戦し続けたいと思います。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました