これからは「お金の知識」が必須?!『21世紀の資本』が提唱する「r>g」とは?

教養「お金」

はいどうも!ボウズマンです!

お金について最近ようやく学び初めた、「お金初心者」の私ですが、学び始めるとどんどんハマっていってます!面白い!

「お金」に関する知識を深めていくと同時に、自分が「学ぶ」ということが好きな人間なんだなと最近になって知りました。

学生時代の勉強は割と得意な方だったので、特に苦手意識を持つことなく勉強してきました。

しかしそれは一方的に与えられる知識であって、好きなことを学んでいたわけではありませんでした。

そんなわけで特に「勉強が好き!」というわけでもなく、どちらかというと「受験以外に勉強やる意味ある?」という「受験の為の勉強」に疑問を持つタイプの生徒でした。

ですので大人になった今、自分の興味のあることを自分のペースで徹底的に学び、深掘りし、さらに横に広げて知識の幅を広げていく作業が楽しすぎて日々生きていることが幸せに感じるようになりました。

ボウズマン
ボウズマン

もともと自己肯定感や幸福度は高い方だったけど、「学ぶ」ことで更に人生楽しくなってきたよ^ ^♪

「学ぶ」✖️「挑戦」でもっと人生を面白くしていこう!

「r>g」を理解しよう!

お金を勉強する上での基礎認識として、『21世期の資本』でお馴染みの経済学者「トマ・ピケティー」さんは、過去何年もデータを集めまくってある数式に辿りついたようです。それがこの

「r>g」というものです。

これだけ見ると意味がわかりませんが、ようするにこういうことらしいです。

「r(資本収益率)>g(経済成長率)」

ということです。つまり「働いて給料を上げる金額やスピードよりも、投資家が投資で得る利益の方が大きい」ということであり、我々労働者がいくら頑張って働いて昇給しても、資本家との格差は広がり続けるということです。

これが資本主義なんですね!

なので今、「お金」の勉強をする必要があるのです!

貯金=正解ではない!

短いですが今日はここまで!

ようするに、「働いているだけ」では貧乏になり続けるということです。

これは勤勉な日本人の今までの認識を大きく覆す常識だと思います。

日本の現状を改めて見てみますと、長い間デフレ(モノの価格が下がり、お金の価値が上がる)が続く世界でも珍しい国でした。

その間は銀行に貯金をしておくだけでも「お金の価値」は下がりませんでしたが、今の日本は「デフレではない」状況になってきており、他の国と同じく今後はインフレ(モノの価格が上がり、お金の価値が下がる)状態に入ってくると予想されます。

ということは今まで100円で買えていた商品が、来年は110円払わないと買えないなんてことが起こってきます。

世界を見るともっとひどい「ハイパーインフレーション」を今までいろんな国で何度も起こしていることがわかります。

「ハイパーインフレーション」はあくまで例えですが、インフレしていくということは、ただ「貯金」していた「お金」は価値が下がり続けるということになります。

ですので私たちは早く行動に移さなければいけません。

投資も一つの手段ですし、起業や副業で収入を増やすことも考えた方がいいでしょう。

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

毎月の携帯電話代や保険、家賃、などの固定費の見直しも大切です。

今後もこのようなことを楽しく学びながら発信していきますので今回はこの辺で!

ボウズマン
ボウズマン

我が家も携帯は格安携帯に変えたし、今後は保険の見直しもしていこうと思っとるよ!

浮いたお金で投資も初めてみようかな!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました