我が家の寝室に鳴り響く「寝息の三重奏」

子育て

本格的に寒くなってきましたね。

皆さま風邪などひかれてないでしょうか?

我が家の子どもたちは「溶連菌」と「アデノウイルス」に続々とやられてしまいました。

溶連菌とアデノウイルスとは

溶連菌とアデノウイルスについては、簡単に申し上げますと「ただの風邪」です。

ただ、合併症などを起こすと厄介なので、安易に自己判断せずに受診されることをお勧めします。

溶連菌に関しては抗菌薬で治療出来ますが、アデノウイルスには抗菌薬が効かないため、対処療法となります。

どちらも感染しちゃいますので、看病する際は大人も気をつけましょう。

てなわけで寝息が賑やかです

子ども3人が時間差でそれぞれ感染してしまいましたので、三者三様の寝息をたてています。

1番最初にアデノウイルスにかかって、回復した長男の寝息は「スー。スー。」と心地良さそうです。

2番目にかかった長女は、溶連菌とアデノウイルスのダブルパンチでした。そろそろ完治したかなという状態で、「ぐー。ぐー。」とイビキをかいて寝ています。

3番目にかかった末っ子の次男も溶連菌とアデノウイルスのダブルパンチで、現在も絶賛発熱中です。(アデノウイルスは結構高熱が出ます。)鼻水がじゅるじゅるなので、寝息が「じゅるじゅるぴぃー。じゅるじゅるぴぃー。」といった感じです。

子供達の寝相のイラストです。
左から長男”たぬき“、長女”カエル“、次男”ゼニガメ“

なかなか賑やかですが、それはそれで“ほっこり“しますね。

たぬきの絵をなにも見ないで描いたのですが、思いっきり「ネコ」になっちゃいました!とほほ。

まとめ

子どもはすぐに暑がって布団から出てしまいますよね。

末っ子なんかは基本的に布団から脱出しています。

そろそろ“着る毛布”を着せないといけませんね。

これからインフルエンザにも気をつけなくてはいけませんので、まだまだ気を抜けそうにはありません。

皆さんも体調管理にはお気をつけて!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました