YouTubeアウトプット 鴨頭さんから学ぶ“ネガティブな人”との上手な付き合い方

YouTubeアウトプット
ボウズマン
ボウズマン

はいどうも!ボウズマンです!
今日はワシの憧れの存在である
“鴨頭嘉人さん”の動画をアウトプットしていくよ♪
じゃあ早速アウトプット開始〜!!

今回の動画はこちら!

いつも不満を言っている“ネガティブな人”との上手な付き合い方

『炎の講演家』こと、 鴨頭嘉人さんの動画です。

鴨頭さんの動画は、本当にめちゃくちゃ魂を揺さぶられます!

エモーショナルです!

どんな境遇の方でも役に立つ動画をたくさんアップされていますので、自分の役に立ちそうな動画を探してみてくださいね!

鴨頭さんのYouTubeチャンネル「鴨tube」のチャンネル登録はこちらから!!

今回の動画で学んだこと

今回の動画の内容は、家庭や職場などでネガティブな相談をされたときや、自分がネガティブになりそうな時“対応の仕方”について教えてくれています。

ネガティブな相談をされた際の最適な対応とは、

「ネガティブを受け入れ、ポジティブな選択をしよう!」

と教えてくれています。

悩んでる社員と向き合ったら

ステップ1 「ネガティブを検知し、受け入れる」

例えば職場で悩んでいる社員から相談を受けた場合、最初のステップとして「ネガティブを検知し、受け入れる」ことが重要です。

なぜかというと、人間は嬉しい気持ちの時よりも「苦しい」「寂しい」などのネガティブな気持ちを共感された時のほうが共感度は高いからだそうです。

部下Aさん
部下Aさん

あの部長の言うことは、現場の事情を全くわかってない!

ただの机上の空論ですよ!

あのやり方では逆に仕事量も増えるし、何かが改善するとは到底思えません!

このままでは仕事にやりがいを見出すことが出来そうにありません…。

先輩
先輩

確かにこのやり方では仕事量も増えてしまういそうだね。

今の現場の状況と照らし合わせてみても、「すぐに成果につながるようには思えない」という気持ちになるのもよくわかるよ。

実は僕も今の部長が赴任したばかりの頃は、君と同じようにやりがいを感じることが出来なくなった時期もあったんだよ。

部下Aさん
部下Aさん

やっぱり?!先輩もそう思いますよね?!(良かった!共感してもらえた!)

こんな具合です!

ですのでまず大切なステップとして、相手のネガティブを理解して、寄り添ってあげましょう。

ステップ2 「ポジティブな面を提示し、ポジティブな選択をさせる」

一旦相手のネガティブを受け入れたら、そのまま2人でネガティブを続けていてはいけません。

それではただの愚痴大会になってしまいますので、ある程度理解してあげたあとは、ポジティブな面を提示し、ポジティブな選択をさせるように持っていきましょう!

さきほどの会話の続きですとこんな具合です。

部下Aさん
部下Aさん

先輩もそんな時期があったんですね!

先輩
先輩

そうなんだよ〜。

でもあるとき気づいたんだ!

部長の言うことを実践したら、短期的にはメリットはないかもしれないが、長期的に見ると沢山のメリットがあるかもしれないと!

しかもそれを達成することで自分たちは確実に成長できると!

部長はその機会を与えてくれてるんじゃないかと、そんな風な気がしてきたんだ!

部下Aさん
部下Aさん

うーん…。

確かにこれを達成することが出来たなら、確実に成長につながる気はしますけど、あの部長が果たしてそんなことまで考えてるんでしょうか?

先輩
先輩

ここで悩んでても仕方がないよね!

とりあえず僕は信じてやってみることにしたんだ!

君も力を貸してくれないか?

部下Aさん
部下Aさん

先輩にそう言われたら頑張ってみるしかないですね!

という具合です。

全てがこんな風にうまく運ぶとは限りませんが、このように

ステップ1 「ネガティブを検知し、受け入れる」

ステップ2 「ポジティブな面を提示し、ポジティブな選択をさせる」

という流れを知っておくだけで、物事を好転させることが出来るかもしれませんね!

子育て中のお母さんへ

子育て中のお母さん方!

いつもご苦労様です!

この動画では子育て中のお母さんへのメッセージも含まれています。

「何回同じことを言っても伝わらない!」

「こんなに何回も言い続けないといけないなんてもう嫌だ!」

「自分がガミガミ言いすぎてこっちが参っちゃう!」

なんて悩みをお持ちの方も多いと思います。

こちらの動画では、残念ながら

「子どもに一回でうまく伝える方法!」

は出てきません。

しかし、心の持ち方のヒントを教えてくれています。

鴨頭さん曰く、

  • 母親の愛の深さは深すぎて他に言い表せない。あえていうならば「祈り」に近い。
  • 「絶対うちの子は幸せになってくれる」という祈りに近い。
  • 「祈り」はすぐに叶うものではなく、ずーっと祈り続けることが大切。

とのことです。

お祈りって、すぐに叶うものでもないですし、ましてや「叶えばラッキー!」ぐらいのものですよね!

ですから、すぐに言って伝わらなくても

「これは祈りだから!」

と自分を納得させることが大切とのことです。

そう考えたら少しは気が楽になりませんか?

まとめ

悩んでる子どもや社員から相談を受けたら

ネガティブを検知して、受け入れてあげよう!

その後、ポジティブな面を提示し、ポジティブな選択に導いてあげよう!

子どもに何度言っても伝わらないとお悩みの方は

あなたの言葉は、「子どもが幸せに育ちますように!」という気持ちが込められた「祈り」です!

「祈り」ですからすぐに叶うものではありません!

祈り続けましょう!

以上!鴨頭さんの動画からのアウトプットでした!

簡単にアウトプットしております。

本編ではもっと詳しく、情熱的に、わかりやすく伝えていただけますので、興味ある人は見てみてくださいね!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました