男と女の「顔の作り」の違いに悩む

ライフログ

男と女の「顔の作り」の違いに悩む

2020年10月23日(金)のボウズマン観察日記

朝4時起床。得意先の方がコロナ感染者との濃厚接触のため、会社の規定上ボウズマンも休みを取らされたようだ。そんな中でもいつも通り4時に起きる自分のことを「素敵だ」などと感じている様子。変態ナルシストだ。しかし、良い習慣は毎日続けることに意味があるということをいろんな本で読んでいたので、それをちゃんと実践し続けている姿は素晴らしいと思う。
10分間の瞑想もちゃんと行っていたが、ランニングをしようと準備をしている最中、長女が珍しく既定の起床時間よりも早く起きて来たため、ランニングを中止し、一緒にお絵かきなどをして親子のコミュニケーションを楽しんでいた。

娘に「女の子の絵を描いて」と頼まれたが、よくよく考えたら女の子の絵なんて今まで描いた記憶がないようで、どうやって描いても男の顔になってしまうという不思議な現象に陥っていた。「男と女の顔の違いって何なんだろう?」と真剣に悩んでいたが、いまいち「これだ!」という結論には至らなかったようで、結局気持ち悪い絵を描き続けて娘に呆れられていた様子。
だいぶ前に、絵を描くのが好きな娘のために買った『かわいいボールペンイラストBOOK』の存在を思い出し、今度密かに練習して娘を驚かしてやろうと決意していた。

「謙虚」に生きよう!

仕事は休み(自宅待機)だったので、特に何もしていなかったが、コロナ流行初期の営業自粛を行った際に、得意先に向けてメルマガ配信をすることを決意し、それを継続していたおかげで自分が休んでいても得意先に毎日アプローチ出来る環境を構築していたのが良かったと自分を褒めていた。
休んでいても得意先からメールで問い合わせや注文の依頼が来て、しっかり在宅でも仕事をこなせることを証明しており、会社からのノルマ以上のものを休んでいる間に達成してしまっていた。自分のことを「スーパーエリート・プロサラリーマン」を自称するだけのことはある。
最近は県を跨いでボウズマンの存在と偉大さを知った会社の若手たちから直接「教え」や「アドバイス」を乞う連絡が毎日のように来ており、ちゃんと丁寧に対応しているところを見て、大人になったなと思う。昔のボウズマンであればすぐに調子に乗っていたと思うが、いろんな本を読んできたのが良かったのか、「調子に乗りすぎると良くない」と学び、それを実践しているようだ。ただ、「謙遜する」という要素は全く備わっておらず、褒められたら「まあ、スーパーエリート・プロサラリーマンだから当たり前のことよ!」と真顔で言ってのけるところが彼らしいところである。
今のところ、調子に乗りすぎて痛い目を見たことはないようだが、それは単に周りの環境に恵まれていただけなので、これからもボウズマンが調子に乗りすぎることのないよう、しっかり観察していきたいと思う。

夕方はオンラインで労働組合の会議に出席。今年から労働組合の県の支部長を勤めることになり、会社の改革に積極的に動いている。「組合の支部長になるといろんな文句を言われるぞ!」と就任当初各方面から言われたが、もともと気が強い男であるボウズマンにとっては特に気にしていなかった。実際今のところ文句を言われたことは一度もなく、順調に組合員の民意を集めて会社の改革を行う準備をスムーズに行っているのは流石である。
「今の組合なら、組合費を毎月払うに値する!」と辛口の組合員に言わせることが出来ているのは、やはり素直にボウズマンの手腕を褒めるしかないと思う。
彼の組合活動におけるモットーは「組合活動の見える化」であるらしく、組合執行部内で何が行われているか、会社に何を交渉し、どんな回答を得たかなど、逐一組合員に報告していくことを是としている。逆に今までそれが行われていなかったことを不思議に思い、まずは組合執行部の中から改革していくことを決意したようだ。10月31日に行われる執行部会議(これもボウズマンがしつこく開催を迫ったかことで、ようやく半年ぶりに開催されることになった)で、執行部メンバーにプレゼンをぶちかます準備をしており、内部メンバーの意識統一を促していくことを狙っているようだ。ボウズマンもこの日を楽しみにしているが、私も非常に楽しみにしている!
※私=とはこの観察日記を描いているボウズマンの第二の人格のこと。ボウズマンを客観視出来る存在。


自宅でオンライン会議をする機会が増え、嫁もその内容をちょっとずつ聞いているので、嫁も一緒になって改革していく様子を楽しんでおり、応援してくれている。本当に良い夫婦関係だと思う。高校時代のクラスメイトの感覚のまま、いまだに仲良しなのが微笑ましいが、ボウズマンの両親も全く同じ状況で、高校時代のクラスメイトと結婚し、いまだに旧姓のあだ名で呼び合っている仲良し夫婦だ。
身近に良い見本があるのは本当に良いことだと思う。明日はその両親たちと一緒に宮島に遊びに行くことが決まっており、遠足の前の日の子供のようにワクワクした気持ちを抑えることもなく9時過ぎに就寝。
子供たちは金曜ロードショーの『ハリーポッターと賢者の石』に夢中になっていて、「この映画を集中して見られるようになったんだなぁ」としみじみ子供の成長を感じながら子供よりも先に夢の世界へ。

明日も楽しもう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました