長女が8歳になりました!

子育て

本日2019年12月30日

我が家の長女が無事に8歳の誕生日を迎えることが出来ました。

結婚したその年に生まれてきてくれて、25歳で初めて私達夫婦をを「親」にしてくれました。

長女が生まれた日は、夜通し嫁に着きっきりで「いきみ逃し」をしていたことを思い出します。

嫁は3人子どもを産んでくれましたが、3人とも安産でとてもスムーズに生まれてきました。

そのなかでもこの長女は6時間くらいかけて生まれてきたので、出産に立ち会った記憶は1番強く残っています。

確かその時読んでいた本が「太陽の王ラムセス」というエジプトの長編物語でした。

初めての出産は緊張の連続でしたが、生まれてきてくれたときは本当に心の底から安心しました。

嬉しかったというよりも、無事に産んでくれて安心したという気持ちの方が強かったような気がします。

「いきみ逃し」のおかげで、生まれてきたときは産んでいない私もぐったりしていました。

「産む」という作業を無事やりとげて、その後の「育てる」という作業の長い道のりについては、そのときは考えていませんでした。

生まれてから数ヶ月くらい経ってようやく、「父親」としての実感が湧いてきました。

とはいっても、いまだにペットを育てているような感覚で日々接しています。

我が家では唯一の女の子ですので、いろいろ遊び方などで男の子ほど私はかまってあげられていないですが、それでもとても素直な子に育ってくれて有難いです。

それもこれも嫁がいつも見守っていてくれているからであり、本当に感謝しています。

また、両家のサポートもしっかりしていて、子ども達が「寂しい」と思うことはほとんどない状態にしてくれているどころか、私達夫婦以上に子ども達に楽しい思いをたくさん提供してくれています。

誕生日当日の今日も、先ほど「実家」に泊まりに出かけたところです。

たくさんの人の愛情に支えられ、育ててもらっていることを改めて実感しています。

これからもたくさんの人の愛情に触れながら、自分の思う道を楽しんで生きていってほしいと思います。

これからの人生で訪れるステージのその場その場でこれからもその屈託の無い笑顔をみんなに見せてください。

それが1番の恩返しですので。

8歳のお誕生日おめでとう!!これからもお父さんと仲良くしてね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました